誰でも適応障害になる可能性があるのでチェックは大事

新たな環境作り

膝を抱える人

社会人に多い適応障害ですが、発症する可能性は環境の変化が原因と言われています。環境の変化とは転職、復職、退職です。今までの生活が急にかわるため、心が対応に追いつかず、発症する恐れがあります。しかし、環境を変えることで症状が緩和するケースもあるため転職や退職などは発症原因でもあり、適応障害の緩和にもなるのです。では、退職や復職、転職のメリットとデメリットについて詳しくチェックしていきましょう。

まずは退職です。退職することでストレスの原因から開放され、症状を緩和することが出来る点がメリットです。しかし、デメリットもあります。それは収入がなくなるため経済的にも苦しくなり、再就職時の職歴に空白ができることがデメリットです。しかし退職は適応障害のケアにしっかりと向き合える時間ができるからオススメです。
次に転職です。転職のメリットは環境を変えることができることです。しかし、新しい環境に行くことはあまりオススメではありません。なぜなら新しい環境に対応することが負担になるケースがあります。また多くの方が転職する際に適応障害について隠して面接する方が多く、そのまま内定をもらっても隠していくことで心の負担になります。その為、適応障害で転職を考えていると伝えてください。理解してくれるでしょう。
最後に復職です。メリットについては、発症する前の環境に戻るということです。居心地の良かった環境は体の負担を軽減することも可能です。復職した原因を、職場に伝えることで配慮してもらえることもあります。例えば、復帰後の3ヶ月は残業無し、休日出勤不可、症状が緩和するまで出張不可などの勤務制限をかけてくれる会社もあるのでチェックは忘れずに行ないましょう。復職は医者から一番オススメされることが多いです。しかし、デメリットもあります。それは、以前の居心地の良い環境ではない、勤務制限のない可能性があり、障害への配慮がなくて再発するケースも多くあります。そのため、もし復職する場合は必ず、以前の同僚や上司に相談することをオススメします。転職や休職、復職するときは、専門医に相談することも良いですよ。また色々な情報サイトなど活用して良いアドバイスをチェックしましょう。

TOP