誰でも適応障害になる可能性があるのでチェックは大事

適応障害は甘えじゃない

カウンセリング

うつ病や適応障害の原因は、自分自身の心の弱さでおこる病気という考えはやめてください。その意識が相手を傷つけているかも知れません。ここでは、そんなことが無いようにするためにチェックしましょう。

More Detail

チェックして早期発見

ハート

どんな病気も早期発見が回復の近道となります。もし、症状がでているのに無視すると悪化してしまう恐れがあります。ここでは適応障害の自己チェックについて紹介しています。不安なら心療内科や精神科へ行きましょう。

More Detail

適応障害とは

ウーマン

適応障害を初めて聞いた人も多いでしょう。大まかに説明すると情緒や行動に問題が生じる障害です。どのような問題があるのかと言うと、仕事や学校の欠勤・不登校、ケンカや破壊行動をする場合があり、また車の無謀運転などの迷惑行為を起こす可能性があります。こういった情緒や行動の問題が起こるため、よくうつ病と一緒と思う方も多くいます。似ている症状もありますが、大きく違うのが、抑うつ状態の持続性です。うつ症状だと、抑うつ状態は続きます。しかし適応障害の場合は続かず、ストレスの原因から離れると落ち着き、趣味などを楽しめることができます。そのため、うつ病と適応障害は別物なのです。
ですが、適応障害が悪化するとうつ病になる可能性が高いです。抑うつ状態が2週間以上続く場合はうつ病と診断されることがあります。言わば「うつ病予備軍」といってもおかしくありません。
この障害が悪化したら、うつ病以外にも様々な障害を呼ぶのです。主なものは摂食障害と睡眠障害です。摂食障害には過食症や拒食症があり、人によって症状が変わります。また、物事をマイナスに考え込むので睡眠障害を引き起こすことがあります。寝たくても、あの時、あの人こんな風に思っていたはずだ、どうせ自分なんか必要とされていないと思い込んでしまうため障害になってしまいます。こういった障害を引き起こすことで体調も悪くなり、合併症を引き起こすケースがあります。様々な病気のもとにもなってしまう恐れがあるのです。そうならないためにも気になるなら専門クリニックでチェックしましょう。

適応障害はどうして起こるのかチェックしましょう。主な原因はストレスと言われています。ストレスは老若男女問わず、常に心にあります。そのストレスがたまり過ぎたら、心をむしばんでしまうのです。バケツと水でイメージすると水がストレス、バケツが心とします。バケツに入る容量までは水は入ります。ですから、こぼれる前に水をどこかに流したり、別のバケツを準備したりするのが当たり前です。しかし、バケツの容量に気付かずにそのまま放置していると水がこぼれてしまい、まわりが濡れてしまいます。そう考えると適応障害は容量が満タンになって水がこぼれた状態のことを言います。そのこぼれたストレスが体内に流れ、脳や心に影響を与えるのです。人には様々な容量のバケツを心に持っています。バケツからこぼれないようにするのが一般的ですが、障害になってしまった人はこぼれても、どうしたら良いのかわからなくなってパニックを起こすのです。そのため、ケンカや破壊行動をしてしまうのです。上手くストレスと付き合っていくことが適応障害の予防にもなります。

接し方と医者選び

花

もし大切な方が適応障害になってしまったら、どう接したら良いのかわからないことがあります。そもそもこの障害について浸透していません。ここでは接し方と医者選びについてチェックしましょう。

More Detail

性格をチェックしましょう

医師と看護師

適応障害になりやすい性格は真面目な方が多いです。しかし、自分の性格をしっかりとチェックしないと発症したり、悪化したりすることもあるため気をつけましょう。ここでは性格と対処方法について紹介します。

More Detail

新たな環境作り

膝を抱える人

発症した原因となる職場の環境で仕事をしていると、ますます悪化する可能性もあります。その為、転職や復職、退職をすることで環境の変化を受け、適応障害の治療に専念することも可能です。メリットやデメリットについてチェックしましょう。

More Detail

TOP